TOP > ニュースリリース 2011 > エコ内窓「インテリアウインドウ」2月1日より全国12都府県で発売開始

ニュースリリース

新製品情報 窓辺の遮熱・断熱に効果を発揮する内窓を新発売!
エコ内窓「インテリアウインドウ」2月1日より全国12都府県で発売開始

窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー株式会社(本社:東京都中央区/社長:大槻保人)は、省エネに貢献し、かつ住宅エコポイント対象製品である内窓「インテリアウインドウ」を2月1日より発売いたします。 内窓とは、既存窓(今ある窓)の内側に新たに取付ける樹脂製の窓のことです。アルミサッシと単板ガラスで構成された既存窓の機能面での弱点を補う製品として、全国的に需要が高まっています。

当社は設立以来、カーテンレール、ブラインド類の総合ウインドウトリートメント企業として各種製品を世に送り出し、近時では太陽熱を効果的に遮断する「遮熱ブラインド」(2002年発売開始)や、同様の機能をもったロールスクリーンなど、各種省エネ製品の開発にも取り組んでまいりました。そして従来の室内向け製品の枠に留まらず、幅広く窓周りの省エネ提案を行いたいとの考えから、2009年より複層ガラスとオーニング(日除け・雨除け)を発売し、さらにこのたび「内窓」の取り扱いを開始することとなりました。従来、ガラス・サッシ等の窓製品とウインドウトリートメント製品は別々の業界で各メーカーが製品提案を行ってきましたが、当社が両方の製品をラインナップすることで、@窓製品とウインドウトリートメント製品の効果的な組み合わせでより省エネ効果を高める提案が可能となる A生活者およびインテリア・内装系販売店に対してワンストップで、ワンランク上の窓辺リフォームの提案が行えるようになる などのメリットが期待できます。

今後も当社は生活者の立場に立った製品を送り出すとともに、省エネ効果の高い窓周り製品の開発や情報発信にも積極的に取り組んでいきたいと考えております。


エコ内窓「インテリアウインドウ」 引違い窓(2枚建)
カラー:木目ナチュラル

ニュースリリース トップヘへ

PAGE TOP

  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2010