TOP > ニュースリリース 2016 >3ベース・カラー認知で解く新インテリアカラーコーディネート「ザ・ドア論」2016年1月15日より全国の書店で発売!

ニュースリリース

新製品関連
近時のインテリアカラーに対応したリニューアル版!
インテリアコーディネート実務に重宝!
2016年1月15日より全国の書店で発売!
 
カラー環境デザイナー
井上千保子著

 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー株式会社(本社:東京都中央区/社長:大槻保人)のトーソー出版は、インテリアカラーの色決めを理論的に解いた書籍『新インテリアカラーコーディネート「ザ・ドア論」』を1月15日より全国の書店で発売いたします。

 「ドア論」とは、「3ベース・カラー認知心理」という独自の色彩心理論を応用して、ドアの色を基準にインテリアカラーを展開するというものです。本書は、カラー環境デザイナーとして活躍する著者が、この理論でカラーコーディネートを説いた解説書。近時のインテリアカラーに対応した、2001年発行書籍のリニューアル版です。

 日本のインテリアの定番色といえば「ダーク」「ミディアム」「ライト」でしたが、近年ドアやフローリングに「グレイッシュ(灰色がかった)」な色調の木目商品が登場してきました。しかし、そのようなインテリアの色相の変化に戸惑う現場の声もあるため、本書では実例写真や床・壁・ファブリック等のサンプルを用いて分かりやすく説明しています。

 カラーコーディネートの基本はもちろん、「色決め」をする時に納得できる理論で決定できる、実務に即したインテリアコーディネーター、インテリア販売員必携の一冊です。


新インテリアカラーコーディネート「ザ・ドア論」 Contents

 
■3ベース・カラーの存在
・3原色というあいまい性
・ホワイト、ブラックの3ベース 等
■3ベース・カラー認知心理
・同一性カラー認知心理
・インテリアドアって何色? 等
■インテリアコーディネート論
・キッチンの決定
・バス、洗面の決定
・ファブリックの決定 等
■3ベースの異ベースカラー
・色と形の心理を知る 等

 
著者プロフィール  井上千保子
カラー環境デザイナー
井上千保子インテリアデザインスクール校長
企業や公共施設などのカラーコンサルティング、カラー環境におけるデザインに従事。全国各地で講演会や講習会を行う。

■書名:  新インテリアカラーコーディネート「ザ・ドア論」   ■判 型: A4変型
■著者: 井上千保子 ■発売日: 2016年1月15日
■発行人: 大槻 保人   ■定 価: 2,000円(税別)
■発行元: トーソー出版   ■頁 数: 112頁

ニュースリリース トップヘへ

PAGE TOP

  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2010