タイトルロゴ

2005年9月
「光がある生活」を提案するトーソーのプリーツスクリーン
光に触れる、光を操る、光を楽しむ、をコンセプトに

プリーツスクリーン〈しおり〉に「かざぐるま風車」「コルソ」シリーズ 誕生

〜人気の「おはじき」シリーズには、新色パープルを追加 〜



 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー株式会社(本社:東京都中央区/社長:大槻保人)では、近年、着実に市場が拡大しているプリーツスクリーン市場へ向けて、昨年に引き続き新アイテムを投入し、更なるシェアの拡大を図ります。
 今年の新作は、『光と遊ぶ』『光を操る』をコンセプトに「光のある生活」をテーマに新柄を追加いたしました。
 「和のエッセンス」をコンセプトにしたプリーツスクリーン〈しおり〉シリーズに似合う日本の伝統色や伝統的な素材感のあるスクリーンを追加しています。
 『光』をテーマにしたトーソーのプリーツスクリーンは7機種、131柄、426アイテムのラインアップで10月より、全国一斉に販売を開始いたします。

 季節や時間の移ろいとともに差し込む光もその表情を変え、おだやかな雰囲気をお楽しみいただけるスローライフな空間作りに最適のアイテムです。
 今年の秋冬は、窓辺に優しい和の『光』をとりいれて、光のあるお部屋をお楽しみください。

しおり25コードタイプ 「揉みじ」 
TP-2003 幅200×高さ180p 
41,790円(税込み)




【トーソー新作プリーツスクリーントピックス】

  2004年登場と同時に一躍人気商品となった光触媒シリーズに新柄
 「おはじき」「かざぐるま風車」「コルソ」を追加
「おはじき」シリーズ:スクリーンにおはじきの透かし模様を散らした人気シリーズに新色「パープル」を追加。
ガラス玉をちりばめたような光が踊ります。「アイボリー」「パープル」「ネイビーブルー」の3色。

NEW 「風車」シリーズ:光や風を受けて今にも羽根が回りだしそうな風車の模様を伝統色の渋い「朱色」「茶ねずみ」色のスクリーンで展開。和室だけではなく洋室での「和のエッセンス」としてもお楽しみいただけます。

NEW 和風モダンな「コルソ」シリーズ:スクリーンにおはじきを波状に並べた透かし模様を入れました。ちょうどシャンパンの泡が立ち上るように柔らかな光が移ります。「ホワイト」と「ピーグリーン」のさわやかな2色で、和・洋を問わずモダンな空間を創りだします。


  NEW伝統工芸「揉み和紙」をイメージした「揉みじ」シリーズ 新登場 (上記写真)
揉み紙の風合いを持つ新シリーズ。独特の揉み皺が素朴な質感を大切に再現した味わいのあるスクリーン。伝統的な色合いの「白茶」「栗皮」「若草」「灰紫」の4色揃っています。


TOP


Copyright (c) 2006 TOSO COMPANY,LIMITED