タイトルロゴ

2005年10月

未来をつくるこどもたちが心地よく暮らすための一冊です!
 
       シリーズ第4弾 子供部屋づくりのバイブル!
− 10月下旬 発売


 窓辺のインテリア総合メーカー、トーソー株式会社(本社:東京都中央区/ 社長:大槻保人)のトーソー出版では、「エコ」を考えた子供部屋づくりをテーマに、「キッズインテリア eco」を10月下旬より、全国主要書店にて発売いたします。大変好評を博した別冊雑誌「キッズインテリア」Vol.1、Vol.2、「キッズインテリア Premium」に続く、待望の一冊です。

 子供部屋は、遊んだり、勉強をしたり、眠ったりと、子供たちが成長していく大切な場所。パパもママもキッズのために部屋づくりをこだわると、きっと最後は”エコ”にたどり着きます。
 「キッズインテリア eco」では、家具を通じてキッズたちに、モノを大切にするココロや素材の温もりを伝えたいと考えます。ここに出てくるのは、天然木などの素材を使った温かい上質なアイテムばかり。環境にやさしいことはもちろん、長く愛される家具を使うことが、本当のエコにつながって、子供の心と体を豊かに育ててくれます。
 フランスと日本の子供部屋の実例や、雑貨、家具、そして「エコ」アイテムが揃うキッズ思いのインテリアショップもご紹介していきます。判型は226x226mmの正方形。保存版として、またプレゼント本としても最適です。 

 子供部屋づくりのバイブルともいえる「キッズインテリア eco」。 ぜひ、一度ご覧下さい。



キッズインテリア eco Contents

こどもは自然が大好きです。

 やさしい手触り、ナチュラルな色合い、近くにあると癒される天然素材、こどもは気持ちいいものが大好き。フランスと日本から、木やリネンなど天然素材を取り入れた8軒の実例が登場。
お部屋の持ち主の、好きな食べ物、好きな色、大きくなったら、得意なこと、のキュートなプロフィールつきでご紹介。


日本の素材はとってもエコ。

 日本の伝統的な素材、い草、竹、和紙、柿渋、漆。自然の素材には、保温、断熱、湿度調整、消臭・殺菌など、たくさんの効果があります。最近ブームの和風のお部屋には、きちんと実力がありました。昔の日本の暮らしを見直して、エコな暮らしに生かしてみませんか。


グリーンといっしょ。

 こどもと一緒に植物を育てて、遊んで、肌で小さな自然を感じる。
植物には空気をきれいにしてくれる力が あります。
子供は毎日姿を変える植物に興味津々。
親子で楽しむグリーンとの暮らし方を提案します。




手づくりのしあわせ。

 木や紙や布など身近にあるものを使って、親子でいっしょに作るハンドメイドのおもちゃの作り方を遊びのプロがご紹介。物づくりは子供の想像力を豊かにしてくれます。廃材から作るおもちゃなど、ここでもエコが生かされます。そしてどこにもない愛情たっぷりのおもちゃは、いつまでも大切にしたくなるはずです。


Kid’s interior eco style

 親から子へ伝えたい、ロングライフ・アイテムをセレクト。エコ先進国のドイツから、木のさと郷飛騨から、上質で飽きのこない自然素材の家具や玩具などを厳選してご紹介。


【キッズインテリア eco 刊行概要】

■書 名: キッズインテリアeco
■発行人: 大槻 保人 ■発売日: 2005年10月下旬
■発行元: トーソー出版 ■定 価: 2,100円(税込)
■判 型: A4変形 226×226cm ■頁 数: 112頁・オールカラー


TOP


Copyright (c) 2006 TOSO COMPANY,LIMITED