WEBカタログ
カーテンの作り方





機能性レールの場合(幅)
機能性レールの場合(高さ)
装飾性レールの場合(幅)
装飾性レールの場合(高さ)

ページの上へ



ページの上へ




採寸する位置 重要度 注意点
窓の寸法
@ 窓枠外寸(外々)幅 正面付の場合、枠の外々が起点です。
A 窓枠内寸(内々)幅 窓枠内付の場合、枠の内々が採寸の起点です。
B 窓枠外寸(外々)丈 正面付の場合、枠の外々が起点です。
C 窓枠内寸(内々)丈 窓枠内付の場合、枠の内々が採寸の起点です。
D 窓枠(上)見付 幅 カーテンの芯部分が枠にかかるかどうかの判断に必要です。
E 窓枠(横)見付 幅 @-Aから算出できます。
F 窓枠出幅(ちり) 「ちり」の出幅によっては、窓側のカーテンが干渉するため、
スペーサー等の処置が必要です。
G 窓枠奥行 窓枠内付の場合、ブラケットが収まるか確認します。
クレセントの可動範囲の確認も必要です。
窓回りの寸法
H 窓枠外〜袖壁(左) 窓枠の左右にレールを伸ばせるかどうか確認します。
I 窓枠外〜袖壁(右)
J 袖壁〜袖壁 @+H+Iから算出されます。
K 窓枠上〜天井
(または天井見切り)
レールの高さを決定するために、下地の確認が必要です。
L 床〜天井高さ カーテンの吊り方、または特異な状況の場合、採寸が必要です。
M 天井見切り 見付(高さ)
N 天井見切り 見込(奥行)
O 床立ち上がり寸法
後からカーテン以外のブラインド類に変更されることも考え、一度の採寸で、必要な寸法を全て確認することが望ましいです。
ページの上へ




採寸する位置 重要度 注意点
窓の寸法
@ 窓枠外寸(外々)幅 正面付の場合、枠の外々が起点です。
A 窓枠内寸(内々)幅 窓枠内付の場合、枠の内々が採寸の起点です。
B 窓枠外寸(外々)丈 正面付の場合、枠の外々が起点です。
C 窓枠内寸(内々)丈 窓枠内付の場合、枠の内々が採寸の起点です。
D 窓枠(上)見付 幅 カーテンの芯部分が枠にかかるかどうかの判断に必要です。
E 窓枠(横)見付 幅 @-Aから算出できます。
F 窓枠出幅(ちり) 「ちり」の出幅によっては、窓側のカーテンが干渉するため、
スペーサー等の処置が必要です。
G 窓枠奥行 窓枠内付の場合、ブラケットが収まるか確認します。
クレセントの可動範囲の確認も必要です。
窓回りの寸法
H 窓枠外〜袖壁(左) 窓枠の左右にレールを伸ばせるかどうか確認します。
I 窓枠外〜袖壁(右)
J 袖壁〜袖壁 @+H+Iから算出されます。
K 窓枠上〜天井
(または天井見切り)
レールの高さを決定するために、下地の確認が必要です。
L 床〜天井高さ  
M 窓枠下端〜床 カーテンの丈を検討するときに必要です。
N 窓枠上端〜床 カーテンの吊り方によって必要な寸法です。
O 天井見切り 見付(高さ) カーテンの吊り方、または特異な状況の場合、採寸が必要です。
P 天井見切り 見込(奥行)
後からカーテン以外のブラインド類に変更されることも考え、一度の採寸で、必要な寸法を全て確認することが望ましいです。
特に、腰高窓はサッシの開閉種類が多様なので、サッシの開閉、網戸の状況確認もしてください。
ページの上へ

カーテン上部の芯地と窓枠の関係
カーテン上部の芯地が、完全に窓枠にかからないようにする ことで、外からの見栄えも良くなります。 十分な高さの下地があれば、スケールの大きな演出ができます。
窓枠にカーテンの芯地(約9cm)がかからないように、上に持ち 上げることで、芯地・フックが透けたり、外から見たときの美しさが 格段に違います。

腰窓のカーテン裾の折返しと窓枠の関係
腰高窓の場合、カーテンの丈寸法は、窓枠下端よりも15〜20cm長めがベストです。
カーテンの裾の折り返しは約12cmあり、折り返しより短い寸法の場合、光が当たり、ステッチ(ピンホール)や、折り返しのラインが透けて、見栄えが悪くなります。
カーテンの裾の折り返し分(約12cm)より長く伸ばさないと、ステッチや、折り返しラインが透けて見えてしまいます。
ページの上へ