使い方提案Sシリーズ WシリーズLシリーズTシリーズGシリーズハンガー部品組み合わせ表ピクチャーレール トップへカーテンレール一覧
Sシリーズ

取付間隔と許容荷重(ブラケット付けの場合)


※1m以内に許容荷重合計8kg以内であれば、複数のフックを吊るすことができます。

※ハンガー2本で吊り下げても許容荷重8kgまでとなります。展示作業中などで不意に片側に全荷重がかかる場合が考えられますので、2本吊りでも1本使用時の許容荷重をお守りください。

※複数の額などを吊るす場合は地震などの揺れによる額同士の衝突を防ぐために十分な間隔(1m以上)を取ることをお勧めします。

ページの上へ


(表1)レール/フック/ハンガーの許容荷重
  施工方法
ブラケット付け ブラケット+石膏クギ付け マグネットブラケット付け
取付けピッチ 450mm以内 300mm以内 300mm以内 ※1
レール 8kg 3kg 1kg/コ ※2
フック 8kg 3kg 1kg/コ
ハンガー 8kg 3kg 1kg/コ
※1 ブラケットピッチは目安です。レール1本あたり最低2コご使用ください。
※2 ブラケット1コにつき1kgです。取付けるスチール面の厚みや仕上げなどの状態により多少異なります。 
ページの上へ

■施工上の注意

・ピクチャーレールの許容荷重は施工方法により異なります。(表1)

・ブラケット付けの許容荷重は、横胴縁に使用する一般的な木下地(t=15mm)、または軽量間仕切り材(スタッドt=0.8mm)に施工した場合の許容荷重になります。

・ブラケット付けの場合、φ4.0タッピングネジを使用して450mm以内の間隔で施工してください。

・石膏クギ付け・マグネットブラケット付けの場合、(表1)に沿ってご使用ください。フック・ハンガーはレールの許容荷重以内でご使用ください。


ページの上へ