事例写真製品紹介取付寸法図価格表グレイスフィーノ19トップへカーテンレール一覧
製品紹介

ページの上へ





ワイドサッシにも対応可能な品揃えです。
また、垂れ壁が小さいハイサッシにも
取付けられるコンパクトなブラケットです。

ページの上へ







ブラケットは壁面にピッタリ寄せて取付けでき、墨だし、施工が簡単です。また、コンパクトなDキャップとの組合せで、光漏れを防ぐことができます。




エアコンの設置などで限定されたスペースにもデザインキャップをご用意しました。Cキャップを使えば小さなスペースでも十分な装飾性を演出できます。

ページの上へ








■リングランナー


ヒートン部分は自由に回転するため、カーテンの吊元に無理な力が加わらず、カーテンのヒダを正面に向けてきれいに収めることができます。
リングランナーの内側の特殊インナーリングがポールに2点で接触し、リングが乱れず、正面を向いて並ぶ新機構です。
リングランナー内側のインナーリングに特殊アセタール樹脂を使用することで、金属製レールの欠点である滑走性と開閉音の問題を改善しました。




■エンドリングランナー


ミニマルなデザインのキャップでも脱落しない専用エンドリングランナーです。デザイン上、最も気になる端部に部品をつけることなく、日常のカーテン操作が可能です。
ページの上へ








■縦下地の場合

■横下地の場合

縦に2本のネジでしっかりと固定できるプレートです。 幅の狭い横下地には横に2本のネジを並べて取付けできます。




■横下地の場合

横下地のネジ穴を使用した場合、ブラケットの高さを最大10mm調節できます。アジャスタフックが使えないカーテンスタイルでも現場での丈調整が可能です。
横下地用のネジ穴を使用した場合
最大10mmブラケットの微調整が可能です。
ページの上へ




■ブラケットの固定方法



壁面に取付けたブラケットベースにブラケット本体を引掛け、落とし込む「ワンタッチブラケット」です。取付ネジが見えないので、下地の状況に最適な取付ネジを使用することができます。 ブラケットベースにブラケット本体を引掛け、落とし込むと確実に固定できます。


■キャップの固定方法



■ポールの固定方法

工具を使わず、キャップをポールに差し込み、回すだけで固定できます。 ポールの固定も工具を使用しないワンタッチ方式を採用しました。ブラケット本体にポールを載せて回転させると、ポールストッパーを乗り越えて固定されます。

次のページへ(1/2)
ページの上へ