ブラインドってこんなに便利快適ポイントコルト ブラインド製品紹介・価格表 カラーバリエーション 仕様と構造 メンテナンス 部品カラー対応表ご注文方法
メンテナンス
■ マルチポール交換/コード交換方法

対応製品 : ニューセラミーシリーズ
1. ドライバーなどでコードタッセル(インナー)を上から押し、中心部を押し出してください。▲のあたりで昇降コードをカットします。
2. ヘッドボックスとユニバーサルジョイントを固定しているロックベルトを外します。
3. グリップを下げながらマルチポールを抜き取ります。
4. ボトムカバーを外し、昇降コードを引き出し、▲のあたりをカットします。ボトムカバーはマイナスドライバーを使って外します。


5. 引き出したコードと新しいコードを溶着します。まず、ライターでコードの先端を2本同時にあぶります。
6. 先端が溶けたら固まらないうちに素早くコードをつなぎ合わせます。
7. ジョイント部分を指先でもんで、つなぎめの凸凹をなくしてください。(凸凹があるとコードがスムーズに通らなくなります。)
8. 先ほど溶着した側と反対側(ヘッドボックス側)からコードを引きます。完全に入れ替わるまで引き出してください。引き出したコードは、交換するマルチポールより20cm程度長くしてカットします。


周りに燃えやすいものがないことを確認し、ライターの取扱いには充分注意してください。

コードは熱くなっていますので、やけどにご注意ください。


9. ボトム側のコードを結び、ボトムカバーをはめ込みます。
10. 交換するマルチポールのスナップリングをマイナスドライバーで外し、スプリングとコードロックを抜き取ります。
11. マルチポールにコードを通します。コードが2本の場合は、先端どうしを火であぶって付け、1本の状態にすると通しやすくなります。3本の場合はまとめた3本の先端に、さらに別の1本のコードを溶着し、先導役をさせます。

12. マルチポールをギアボックスに差し込み、ロックベルトで固定します。


13. コードをコードロックとスプリングに通し、グリップにはめ込みます。その際、▲印のコードロックのくぼみ(3ケ所)とグリップ側のふくらみ部分を合わせ、奥まで押し込んでください。(コードロックの穴はコードが2本の場合は対称に、3本の場合は一つおきに通します)
14. スナップリングをグリップ内側の溝にはめ込みます。リングの端から押し込んでいき、最後に矢印の部分を押し込みます。

はねが水平になるように、コードの長さを調節します。
15. コードの長さを切り揃え、コード止めを通し、端を結びます。(あらかじめコードの先端を軽く火であぶって、ケバ立ちをまとめておくと、コード止めを通しやすくなります。)
16. コードタッセル(インナー)の穴にコード止めを引っかけ、最後にコードタッセル(アウター)をかぶせて終了です。
ページの上へ