ブラインドってこんなに便利快適ポイントコルト ブラインド製品紹介・価格表 カラーバリエーション 仕様と構造 メンテナンス 部品カラー対応表ご注文方法
メンテナンス
■ ブラインドのお手入れ方法

本体を取付けたままでお手入れする場合]
本体を取り外してお手入れする場合]
ブラインドの汚れの種類]

本体を取付けたままでお手入れする場合

用意するもの

(1)ビニールシート (2)小型ホウキまたはハンディモップ
(3)ゴム手袋 (4)軍手 (5)バケツ (6)台所用合成洗剤(中性)
(7)ぞうきん

1. ホコリや液だれにそなえて、ブラインドの下にシートを敷きます。
2. はねやコードのホコリをざっと払います。小型ホウキかハンディモップを使います。
3. ゴム手袋の上に軍手を重ねてはめます。バケツに用意した洗剤溶液に浸して、はねを数枚ずつ指で挟み、左右にすべらせながら表面と裏面の汚れを拭いていきます。
4. 汚れの目立つ部分は1枚ずつ拭いてください。


5. はね幅のせまいブラインド(15mm・18mm幅)は、はねの裏面に手をあてて洗剤溶液を含ませたぞうきんで拭いてください。
6. 最後に全体を水ぶきしたあと、ブラインドを降ろした状態で自然乾燥させます。

TOP
本体を取り外してお手入れする場合

用意するもの

(1)ビニールシート (2)小型ホウキまたはハンディモップ
(3)ゴム手袋 (4)バケツ (5)台所用合成洗剤(中性) (6)ぞうきん
(7)スポンジ (8)歯ブラシ

1. 取外す前に、小型ホウキ・ハンディモップ等で全体のホコリを払います。
2. 平らな場所に敷いたシート等にブラインドを広げ、全体を水でぬらします。
へッドボックスに水が入らないよう注意してください。
3. はねが重ならないように広げ、洗剤溶液に浸したスポンジでこすり洗いします。
4. ブラインドを引き上げた状態にし、まとまったラダーコードと昇降コードの汚れを洗剤と歯ブラシを使ってこすります。
歯ブラシがはねに触れないようにご注意ください。


5. 全体を水洗いします。水量・水圧は強くなりすぎないよう注意してください。
6. 乾いた布で全体の水気をふきとった後、はねを開けた状態で風通しの良い場所に吊し、乾かします。

TOP
ブラインドの汚れの種類
汚れの種類 ホコリ、手あか ヤニ カビ
取付場所 全般 キッチン
ダイニング
リビング
寝室
浴室
洗面所
汚れ方
ホコリは全面的につきます。
ヘッドボックスの中にもたまります。
コードには手あかがつきます。
ブラインド前面につきます。特にはねの凸面が汚れやすく、コード類にも付着します。
はね面に点々とつきます。
コード類が黒ずみます。


使用できる洗剤
中性洗剤
(台所用合成洗剤)
洗剤が残らないようにしっかりとすすいでください。

コード類は、まとめて歯ブラシで部分洗いします。



洗剤は使用上の注意をよく読んでお使いください。
金属たわし、ナイロンたわし、ミガキ砂などの固いものや、中性洗剤以外の洗剤は、ご使用にならないでください。
使用した場合、ブラインドが傷ついたり、塗装がはがれることがあります。
ページの上へ