ブラインドってこんなに便利快適ポイントコルト ブラインド製品紹介・価格表 カラーバリエーション 仕様と構造 メンテナンス 部品カラー対応表ご注文方法
仕様と構造


部品名 材 質
ヘッドキャップ 樹脂成形品
コード巻取ボルト ステンレス
ブラケット スチール・樹脂成形品
クリック 樹脂成形品
チルター 樹脂成形品
シャフト ステンレス
ヘッドボックス アルミニウム合金
スラットクリップ 樹脂成形品
クラッチボックス 樹脂成形品
ユニバーサルジョイント 樹脂成形品
コードフック 樹脂成形品
マルチポール アルミニウム合金
ボトムキャップ 樹脂成形品
ガイドコード 化学繊維
ガイドコード止め 樹脂成形品
ラダーコード 化学繊維
ボトムレール アルミニウム合金
スラット(はね) アルミニウム合金
昇降コード 化学繊維
ボトムカバー 樹脂成形品
グリップ 樹脂成形品
コードタッセル 樹脂成形品
 

側面図


ページの上へ

付属部品


ブラケット

ガイドコード止め金具A



ガイドコード止め金具B


製品幅(mm)

部品名

〜1,280 1,290〜
ブラケット 2コ 3コ

ガイドコード止め金具A

2コ 2コ

ガイドコード止め金具B

2コ 2コ
ガイドコード止めが窓枠内側に直接取付けできない場合にご使用ください。
ページの上へ

製作可能寸法

製品幅(W) 製品高さ(H) 最大面積
480〜2,000mm 350〜2,000mm 4u
※サイズは幅・高さとも10mm単位です。

ページの上へ

たたみ代計算式 (mm)

製品高さ(H)×0.025+50

 

製品重量の目安

製品幅1,000mm×製品高さ1,000mm 1.2kg
製品幅2,000mm×製品高さ2,000mm 3.5kg
ページの上へ

取付方法


1.ブラケットの取付け

ブラケットの取付位置はヘッドボックスの端部から30〜60mm内側に取付けてください。
ブラケットが3コ以上の場合はその間が等間隔になるように取付けてください。





ブラケットを付属の取付ネジで取付けてください。


<正面付け> <天井付け>
2.製品本体の取付け

スラット(はね)をたたみ上げた状態でブラケットの仮止めフックにヘッドボックスの手前の溝を引っかけます。

ヘッドボックスを「カチッ」と音がするまで確実に押し上げてください。






3.製品本体の取外し

スラット(はね)をたたみ上げた状態で製品本体を持ち、ブラケットの解除ボタンを押しながらヘッドボックスを手前に引いてください。

製品本体を仮止めフックから外してください。




4.ガイドコード止めの取付け

ガイドコード止めを、ガイドコードが垂直になるよう取付けます。

正面付けの場合はガイドコード止め金具を図のように取付けてください。


5.ガイドコードの張り方

コード巻取ボルトの溝に硬貨等を差し込んで回してください。
硬貨で回せる程度が適当です。強く張り過ぎないよう注意してください。
ページの上へ


操作方法(マルチポール式)


ブラインドの降ろし方
昇降コードを持ち、グリップを軽く下に引きながら昇降コードをゆるめると静かに降ります。
ブラインドの上げ方
スラット(はね)を水平にして昇降コードを真下に引くと上がります。
ブラインドの止め方
グリップから手を離すとその位置で止まります。

スラット(はね)の角度調節
グリップを回して調節してください。
クリック機構
スラット(はね)が閉じきった時点でクリック機構が働き、「カチッ」と音がしてスラットが戻るのを防止します。
(表面、裏面ともに作動します。)



コードフックの利用方法
ブラインドを上げた時に、昇降コードをコードフックにかけてください。
ページの上へ

サイズの測り方 ※製品サイズは10mm単位でご指定ください。

窓枠の内側に取付ける場合(天井付け)   窓枠の外側(前面)に取付ける場合(正面付け)
 
幅・高さとも窓枠の内側寸法から10mm程度差し引いてください。   幅・高さとも窓枠の外側寸法を製品サイズとしてください。

カーテンボックス(ブラインドボックス)に取付ける場合


幅 :ボックスの内側寸法から10mm程度差し引いてください。
高さ:ボックスの内側上部から測ってください。

※製品高さ寸法は、数ミリ程度の誤差が生じる場合がありますのでご了承ください。

※ブラケットの上面から床までの寸法(取付高さ)を必ずご指定ください。
取付高さのご指定がない場合は操作コードの長さが短い場合がありますのでご注意ください。

 
ページの上へ