ブラインドってこんなに便利快適ポイントコルト ブラインド製品紹介・価格表 カラーバリエーション 仕様と構造 メンテナンス 部品カラー対応表ご注文方法
仕様と構造


[構造図] [製作可能寸法] [たたみ代計算式] [製作重量の目安] [操作方法] [取付方法] [サイズの測り方]

構造図

全体図



※製品幅470mm以下の場合は片側のみテンションブラケットになります。
操作側(ロッド捧側)にはテンションブラケットはつきません。

※製品幅はスラット(はね)の幅と同じです。

※取付可能寸法は製品幅(スラット幅)+最大20mmとなります。


側面図

スラット15浴窓テンションタイプ スラット25浴窓テンションタイプ

部品名 材 質
突き当てプレート 樹脂成形品
テンションブラケット 樹脂成形品
ブラケットカバー 樹脂成形品
チルト 樹脂成形品
シャフト ステンレス
ヘッドボックス アルミニウム合金
スラットクリップ 樹脂成形品
ギア&ストッパー 樹脂成形品
ロッド棒(回転操作棒) 樹脂成形品
ボトムキャップ 樹脂成形品
ラダーコード 化学繊維
ボトムレール アルミニウム合金
スラット(はね) アルミニウム合金
昇降コード 化学繊維
ボトムカバー 樹脂成形品
コード止め 樹脂成形品
セーフティージョイント(小) 樹脂成形品

セーフティージョイント(小)
子供の体重がかかると外れる部品です。

カラー:クリア
 
ページの上へ

付属部品

プレートキャップ2個
ページの上へ

製作可能寸法


製品幅(W) 製品高さ(H)
スラット15浴窓テンションタイプ 330〜1,800mm 110〜1,900mm
スラット25浴窓テンションタイプ 330〜1,800mm 110〜1,900mm
※サイズは幅・高さとも10mm単位です。
※製品幅470mm以下の場合は片側のみテンションブラケットになります。

ページの上へ

たたみ代計算式 (mm)

スラット15浴窓テンションタイプ 製品高さ(H)×0.040+50
スラット25浴窓テンションタイプ 製品高さ(H)×0.030+50

ページの上へ

製品重量の目安

スラット15浴窓テンションタイプ 製品幅1,000mm×製品高さ1,000mm 1.7kg
製品幅2,000mm×製品高さ2,000mm 4.2kg
スラット25浴窓テンションタイプ 製品幅1,000mm×製品高さ1,000mm 1.5kg
製品幅2,000mm×製品高さ2,000mm 3.7kg

ページの上へ

取付方法

凸凹のある壁紙、布壁、土壁、砂壁やベニヤなどのザラつきのある壁面には取付けられません。

木部やタイルなどしっかりした下地のある場所に取付けてください。下地がしっかりしていない場所に取付けると、取付け面の歪みなどによりテンションが充分にかからず、製品が落下する恐れがあります。また、中空構造のユニットバスなどに取付けると、強いテンションがかかるために取付け面の樹脂サッシなどが破損する場合がありますので避けてください。

取付ける前に、壁面の汚れ、油分、水滴などをふきとって湿気のない状態にしてください。汚れや水分などが残っていると両面テープの粘着力が低下し、製品が落下する恐れがあります。

タイルに取付ける際は、プレートキャップがタイルの目地にかからないように取付けてください。プレートキャップが目地にかかると、両面テープがはがれ、製品が落下する恐れがあります。

プレートキャップは必ず左右が水平になるように取付けてください。製品が傾いたままで取付けると落下する恐れがあります。


1.製品本体の取付け

取付け面の汚れ、油分、水滴などをきれいにふきとって湿気のない状態にしてください。

プレートキャップに付いている両面テープの保護紙をはがし、△印を上にして左右が水平になるように壁面両側に貼り付けてください。


取付面にプレートキャップ全面を強く押し付け(5秒以上)、しっかり貼り付けてください。
両面テープ端部の透明シールは絶対にはがさないでください。取外しの際、必要になります。

ページの上へ
操作側と反対方向の突き当てプレートをプレートキャップに押し込みながら操作側の突き当てプレートをはめ込み仮止めしてください。


製品をしっかり持った状態で作業してください。
仮止め中はブラインドを操作したりなど、製品に大きな力がかからないようにしてください。落下する恐れがあります。

ページの上へ

操作側のダイヤルを矢印の方向へ回し、左右の隙間が均等になるように調整してください。

操作側と反対方向のダイヤルを矢印の方向へ固くなるまで回し、製品を確実に固定してください。
下図のようにダイヤル根元の突起部が見えなくなるまで回してください。


ブラケットカバーをスライドさせてテンションブラケットにかぶせてください。その際、両面テープを内側に折り曲げてブラケットカバーの内側に納めてください。


両面テープ端部の透明シールは絶対にはがさないでください。取外しの際、必要になります。
両面テープのプレートキャップから出ている部分は切り取ったりせず、ブラケットカバー内に納めてください。取外しの際、必要になります。
製品本体取付け後、突き当てプレートがプレートキャップに確実に止まっていること、ダイヤルが確実に締まっていることを確認してください。確実に固定されていないと製品が落下し、ケガをしたり物を破損したりする恐れがあります。

ページの上へ

2.製品本体の取外し

ブラケットカバーを内側へスライドさせてください。

スラットをたたみ上げてください。


左右のダイヤルを矢印の向きと反対方向に回してゆるめてください。



テンションブラケットダイヤルをゆるめる際は、必ず片手で製品をささえてください。
テンションブラケットダイヤルをゆるめる際は、ブラインドを操作したりなど、製品に大きな力がかからないようにしてください。落下する恐れがあります。

ページの上へ

操作側と反対方向へ製品を押し付けながら、操作側のプレートキャップから突き当てプレートを外してください。


プレートキャップを手で押さえながら両面テープを真下に引いてはがしてください。


手で押さえずに引っ張るとプレートキャップが飛んで思わぬケガをする恐れがあります。
必ず真下に引いてください。テープが伸びてはがれます。(30cmくらい伸びます)
はがれるまで少しずつゆっくりと引いてください。
はがした両面テープの再使用はできません。
プレートキャップを外す際、出ている両面テープを取付け面と平行に引いてください。取付け面に対して垂直方向、手前方向に両面テープを引くと、取付け面を傷めたり、テープがちぎれてしまう場合がありますので、取付け面と平行に引いてください。
少しずつゆっくりと引いてください。
急激に両面テープを引き、はがそうとしますと、取付け面を傷めたり、テープがちぎれてしまう場合がありますので、一度に無理にはがそうとせず、何度かに分けて引き、徐々にはがしてください。
壁紙の種類によっては両面テープをはがす際に壁紙がはがれる場合がありますので、ご注意ください。

ページの上へ

操作方法(マルチポール式)


ブラインドの降ろし方
昇降コードを持ち、グリップを軽く下に引きながら昇降コードをゆるめると静かに降ります。


ブラインドの上げ方
スラット(はね)を水平にして昇降コードを真下に引くと上がります。


ブラインドの止め方
グリップから手を離すとその位置で止まります。

スラット(はね)の角度調節
グリップを回して調節してください。
クリック機構
スラット(はね)が閉じきった時点でクリック機構が働き、「カチッ」と音がしてスラットが戻るのを防止します。
(表面、裏面ともに作動します。)

幅470mm以下の場合は装備されません。


コードフックの利用方法
ブラインドを上げた時に、昇降コードをコードフックにかけてください。

ページの上へ

サイズの測り方 ※製品サイズは10mm単位でご指定ください。


幅・高さとも窓枠の内側寸法から10mm程度差し引いてください。
製品の高さ寸法は、数ミリ程度の誤差が生じる場合がございますのでご了承ください。
ヘッドボックスの上面から床までの寸法(取付高さ)を必ずご指定ください。
取付高さのご指定がない場合はマルチポールの長さが短い場合がありますのでご注意ください。
ページの上へ