WEBカタログ
Point & Meritスクリーン紹介レーザーカットビジック製品紹介オプション仕様と構造操作・取付方法 ご注文方法
操作・取付方法
[浴室窓用スプリングタイプ]
操作方法  取付方法  テンションバー(オプション)の取付方法

操作方法

■スクリーンの降ろし方 ■スクリーンの上げ方

  スクリーンを下に引き、手を離すと止まります。

  スクリーンを3〜4cm下に引き、手を離すと上がります。

スクリーンの上げ下げは必ず中央のプルボールで垂直に操作してください。
ページの上へ

取付方法

1.ブラケットの取付け

ブラケットの取付位置は両端から約4〜7cm内側が適当です。
3個以上の場合はその間に等間隔に取付けてください。



ブラケットを付属の取付ネジで取付けてください。
▲天井付け ▲正面付け


2.本体の取付け
セットバーをブラケットの仮止めフックに引っかけてください。
本体を奥にカチッと押し込んでください。
▲天井付け ▲正面付け


3.本体の取外し
ブラケットの解除ボタンを押しながらセットバーを手前に引いてください。
本体を仮止めフックから外してください。
▲天井付け ▲正面付け
ページの上へ
■テンションバー(オプション)の取付方法
1.テンションバーへのブラケットの取付け

@取付プレート中央のネジをゆるめ、ロールスクリーン本体用 ブラケットの取付位置へスライドさせて固定します。ブラケット取付位置はフレームの両端から4〜7cm内側が適当です。3個の場合は、その間に等間隔に取付けてください。

A取付プレートの取付穴に、ブラケット取付ネジでロールスク リーン本体用ブラケットを取付けてください。

※正面付けの場合は、4つある取付穴の内、一番下の穴を使って ブラケットを取付けてください。

▲天井付け ▲正面付け
ページの上へ

2.テンションセットの向き設定
〈正面付けの場合〉
出荷時に正面付け用に設定されていますのでそのまま取付けてください。
〈天井付けの場合〉

両側のテンションブラケットをフレームから抜き取ります。

フレームの取付プレート側を下に向け(回転させる)、 テンションブラケットの突起部を下に向けた状態で再度挿入してください。

▲天井付け ▲正面付け
ページの上へ

3.窓枠や壁面等への取付け

プレートキャップの保護紙をはがし、取付位置に貼付けてください。

●取付ける前に、壁面の汚れ、油分、水滴などをふきとってください。汚れや水分などが 残っていると両面テープの粘着力が低下し、製品が落下する恐れがあります。

●タイルに取付ける際は、プレートキャップがタイルの目地にかからないように取付けてください。プレートキャップが目地にかかると、両面テープがはがれ、製品が落下する恐れがあります。

●プレートキャップは必ず左右が水平になるように取付けてください。
製品を傾いたままで取付けると落下する恐れがあります。

●取付けの種類によりプレートキャップの貼り付け位置、向きが異なりますので よく確かめてから貼り付けてください。

※いったん貼り付けたプレートキヤップをはがすと接着面の性能が低下します。一度はがしたプレートキャップは落下の原因となりますので使用しないでください。



〈天井付けの場合〉
プレートキャップの矢印を下側にして、天井面と隙間のないように取付けてください。
  〈正面付けの場合〉

●プレートキャップの矢印を手前側にして、窓枠の全面と端部の位置を合わせてください。

●天井面は隙間のないようにしてください。

 

スプリングの入っているテンションブラケットの突き当てプレートをプレートキャップに押し込みながら、反対側の突き 当てプレートをはめ込み、仮止めにしてください。

 

※図は正面付けの場 合です。天井付けの場合は、ロールス クリーン本体のブラケットが下に向くように取付けてください。


●製品本体を持ちながら、作業してください。※仮止め中は製品に大きな力がかからないようにしてください。
落下する恐れがあります。

スプリングが入っていないテンションブラケットのダイヤルを矢印の方向へ回し、左右の隙間が均等になるように調整してください。


スプリングが入っているテンションブラケットのダイヤルを矢印の方向へ固くなるまで回し、製品を確実に固定してください。

●製品本体取付け後、突き当てプレートがプレートキャップに確実に 止まっていること、ダイヤルが確実に締まっていることを確認してください。確実に固定されていないと製品が落下する恐れがあります。

ページの上へ

4.本体の取付け

正面付けの場合は、スペーサーをロールスクリーン本体にはめ込んでください。

※天井付けの場合は、スペーサーは不要です。

セットバーの外溝をブラケットの仮止めフック(解除ボタンのある側)に引っかけ()、その状態でセットバー を『カチッ』と音がするまで奥に押し込んでください()。



ページの上へ
5.本体の取外し

ロールスクリーン本体を取外してください。

※製品を持った状態で、ブラケットの解除ボタンを指で押し、 セットバーをブラケットから外してください。

●製品を持たない状態でブラケットの解除ボタンを押すと製品が落下する恐れがあります。


テンションバーを取外してください。

1)左右のダイヤルを矢印の向きと反対方向に回してゆるめてください。


●ダイヤルをゆるめる際は、必ず片手で 製品をささえてください。

※ダイヤルをゆるめる際は、製品に大きな力がかからないようにしてください。 落下する恐れがあります。


2)スプリングの入っているテンションブラケットを押し付けながら、反対側のプレートキャップから突き当てプレートを外してください。

 

 

3)プレートキャップを手で押さえながら両面テープを真下に引いてはがしてください。 (30cmくらい伸びます。)

●手で押さえずに引っ張るとプレートキャップが飛んで思わぬケガをする 恐れがあります。※はがした両面テープの再使用はしないでください。

●プレートキャップを外す際、出ている両面テープを真下に引いてください。両面テープを真 下以外の方向に引くと、取付け面を傷めたり、テープがちぎれてしまう場合があります。

●少しずつゆっくりと引いてください。急激に両面テープを引くと、取付け面 を傷めたり、テープがちぎれてしまう場合があります。

※壁紙の種類によっては両面テープをはがす際に壁紙がはがれる場合がありますので、ご注意ください。

ページの上へ