WEBカタログへ選び方機種一覧スタイル一覧仕様と構造取付方法ご注文方法メンテナンス ローマンシェードトップへトーソートップへ
メンテナンス
メンテナンス方法( 生地の外し方)

 クリエティコード ツイン

1.幕体を下まで降ろします。

2.ウェイトバーをはずします。

3.昇降コードをほどいてはずします。




4.生地の取り外し
(1)ヘッドレールから生地をはがしてください。

(2)コード類はヘッドレールから抜けないよう束ねて結んでおいてださい。

●クリーニング後は逆の順序で取付けてください。

ページの上へ

 クリエティコード

1.幕体を下まで降ろします。 .
2.昇降コード・ウェイトバー・ウェイトの取り外し

●プレーン、シャープ、フォールドスタイルの場合
(1)操作コードからウェイトバーを取り出します。

(2)最下部のコードアジャスタから昇降コードをほどき、ループ付テープから抜きます。



●バルーン、オーストリアン、ルース、 ムーススタイルの場合

(1)最下部のコードアジャスタから昇降コードをほどき、ループ付テープから取りはずします。

※オーストリアンの場合はガイドコードの結び目もほどいてください。

 



3.生地の取り外し
(1)ヘッドレールから生地をはがしてください。
(2).コード類はヘッドレールから抜けないよう束ねて結んで
  おいてださい。
●クリーニング後は逆の順序で取付けてくだ さい。
ページの上へ

メンテナンス方法( 生地の取付け方法)

プレーンスタイルの場合

1. ヘッドレールに幕体を取付けてください。

2. リングの小さい方の穴をループ付きテープのループ部に取付けてください。

3. 最下部のループ部へは、コードアジャスタを取付けてください。

4. ウエイトバーを幕体に差し込んでください。

5. 最上部のリングについては、リングの小さい方の穴に昇降コードを通してください。

6. その他のリングについては、リングの大きい方の穴に昇降コードを通してください。幕体上部から順に通します。万が一通し忘れた場合には、リング正面の切込みから昇降コードを入れること もできます。

 

   

7. コードアジャスタの上部から昇降コー ドを通し(①)、固定位置をコードアジャスタ上部に合わせてください。コードは、仮止めフックに引っ掛けて反対側の方向に振ると(②)仮止めができます。余った昇降コードをコードアジャスタに巻きつけてください。

 
ページの上へ

シャープ・フォールドスタイルの場合

1. ヘッドレールに幕体を取付けてください。

2. コードアジャスタを最下部のループに取付けてください。

3. シェイパーをシェイパーテープに差し 込んでください。

4. ウエイトバーを幕体に差し込んでくだ さい。

5. シェイパーテープにリングを取付けてください。

6. 最上部のリングについては、リングの小さい方の穴に昇降コードを通してください。

7. その他のリングについては、リングの大きい方の穴に昇降コードを通してく ださい。幕体上部から順に通します。万が一通し忘れた場合には、リング正面の切込みから昇降コードを入れることもできます。

 

   

8. コードアジャスタの上部から昇降コー ドを通し(①)、固定位置をコードアジャスタ上部に合わせてください。コードは、仮止めフックに引っ掛けて反対側の方向に振ると(②)仮止めができま す。余った昇降コードをコードアジャスタに巻きつけてください。

 
ページの上へ

バルーン・オーストリアン・ルース・ムーススタイルの場合

1. ヘッドレールに幕体を取付けてくださ い。

2. リングの小さい方の穴をループ付きテ ープのループ部に取付けてください。

3. 最下部のループ部へは、コードアジャスタを取付けてください。

4. ウエイトバーを幕体に差し込んでくだ さい。

5. 最上部のリングについては、リングの小さい方の穴に昇降コードを通してく ださい。

6. その他のリングについては、リングの大きい方の穴に昇降コードを通してください。幕体上部から順に通します。万が一通し忘れた場合には、リング正面の切込みから昇降コードを入れること もできます。
※オーストリアンスタイルの場合、全てのリングに対して大きい方の穴に昇降 コードを通してください。リングの横の切り込みから昇降コードを入れること もできます。

 

   

7. コードアジャスタの上部から昇降コー ドを通し(@)、固定位置をコードアジャスタ上部に合わせてください。コードは、仮止めフックに引っ掛けて反対側の方向に振ると(A)仮止めができます。余った昇降コードをコードアジャス タに巻きつけてください。

8. ウエイトをコードアジャスタに引っ掛けてください。(バルーン、オーストリアンスタイルは大きいウエイトをそれぞれ両端のコードアジャスタに引っ掛けてください。)

 
ページの上へ

セーフティータイプについて

1. 昇降コードに一定の荷重がかかると幕体から昇降コードが外れます。


1. リング正面の切込みから昇降コードを入れてください。

2. 分離したコードアジャスタを元に戻してください。

※オーストリアンスタイル、ピーコックスタイルの場合は、セーフティー仕様になりません。

※両面仕様(オプション)、着脱テープ(オプション)をご使用の場合は、セーフティー仕様になりません。

※安全対策品をご使用になっても、事故が完全に回避できるわけではありません。 コードやチェーンの危険性を十分に認識したうえでご使用をお願いします。

 

ページの上へ

メンテナンス方法( 生地の外し方)

 ジェスパ大型

1.幕体を下まで降ろします。
2.昇降コード・ウェイトバー・ウェイトの取り外し

●プレーン、シャープ、フォールドスタイルの場合
(1)ウェイトバーを取り出します。

(2)最下部のテープアジャスタから昇降テープをはずし、ループ付テープから抜きます。



●バルーン、オーストリアンスタイルの場合

(1)最下部のテープアジャスタから昇降テープをはずし、ループ付テープから抜きます。

※オーストリアンの場合はガイドコードの結び目もほどいてください。

 


3.生地の取り外し
(1)ヘッドレールから生地をはがしてください。

(2)テープ類はヘッドレールから抜けないよう束ねて結んでおいてださい。


●クリーニング後は逆の順序で取付けてください。

●昇降テープは製品の高さ分以上に巻取プーリー初巻3回分(昇降テープ約150m/mの巻き上げ量)が含まれています。必ず初巻を行ってから高さ調整を行ってください。

●テープアジャスターの取付けは昇降テープを図のように通してください。

 
ページの上へ

昇降コードの調整方法

クリエティ共通

コードアジャスタS
(セーフティータイプ)
  コードアジャスタR

昇降コードの長さは
コードアジャスタSで調節できます。
[対応スタイル]
・プレーン+プレーン
・シャープ+シャープ
・プレーン+シャープ
・プレーン
・シャープ
・フォールド
・バルーン
・出窓バルーン
・サイドバルーン
・ルース
・ムース

[対応不可オプション]
・両面オプション
・着脱テープオプション
  昇降コードの長さは
コードアジャスタRで調節できます。
[対応スタイル・オプション]
・オーストリアンスタイル
・出窓オーストリアンスタイル
・ピーコックスタイル
・両面オプション
・着脱テープオプション

 ジェスパ大型



昇降テープの長さはテープアジャスタで調節できます。
ページの上へ