Point & Merit生地紹介デュアルシーズ製品紹介オプション仕様と構造操作・取付方法 メンテナンス新旧対応表ご注文方法
デュアル カラーコンビネーションシミュレートシステム資料請求販売店検索
操作・取付方法
[住宅用 : 一般窓(レーザーカット)/一般窓]
ルーバーの調整方法
操作タイプ
たたみ代寸法の目安

操作方法

《コード&バトン式》

■ルーバーの角度調節(回転)
操作バトンを回転させて調節してください。

※ルーバーの角度が不揃いの場合、いったん全ルーバーを全閉状態にした後に再度操作バトンを回転させると正常な位置に戻ります。



■ルーバーの開閉(ドライブコード操作)

操作バトンを回転させ、ルーバーをヘッドレールに対し直角に調節してください。

ドライブコードを下方向へ引き、止めたい位置で手を離してください。

※ドライブコードはゆっくりと引いてください。ドライブコードを強い力で引くと、ルーバーが勢いよく動くため、ルーバーにバラつきが生じ、キレイにたたみ込めなくなります。また、操作バトンがスライドする時には振れが発生し、窓ガラスや壁を傷つける場合がありますのでご注意ください。

■ルーバーの開閉(バトン操作)

※製品取付高さ3,010mm以上ではバトン操作によるルーバーの開閉ができません。

操作バトンを回転させ、ルーバーをヘッドレールに対し直角に調節してください。

操作バトンをスライドさせ、止めたい位置で手を離してください。

※操作バトンはゆっくりとスライドさせてください。操作バトンを強い力でスライドすると、ルーバーが勢いよく動くため、ルーバーにバラつきが生じ、 キレイにたたみ込めなくなります。

※ルーバーがたたみ込まれている状態でのバトン操作は行わないでください。

ページの上へ

取付方法


ブラケットの取り付け(天井直付けの場合は不要)


ブラケットの取付位置はヘッドレールの端部から40〜60mm内側で、樹脂部品を避けて取り付けてください。ブラケットを3個以上使用する場合は、等間隔になるように取り付けてください。


※天井直付けの場合、ジョイント部から60mmまでは取り付けできません。

付属の取付ネジ(φ3.5×20)でブラケットを取り付けてください。
正面付けの場合
(ブラケット1個に対して取付ネジ3本必要)
天井付けの場合
(ブラケット1個に対して取付ネジ1本必要)
ページの上へ

ヘッドレールジョイント方法

1)ヘッドレールのジョイント部をコードが絡まないように向き合わせてください。

 

2)片側のヘッドレールにジョイントプレート大を差し込み、ジョイントプレート大取付けネジ(特皿M4)で固定してください。

※必ず2本固定してください。
 

3)シャフトジョイントをシャフトがつながっている穴に差し込み、シャフト先端にはめてください。

 

4)ジョイントプレート小を図の穴に差し込み、ジョイントプレート小取付けネジ(ナベM3)で固定してください。

 

5)コードを挟まないように反対側のヘッドレールの各穴に、ジョイントプレート大/小、シャフトジョイントを差し込んでください。

 

6)ジョイント部に隙間のないことを確認して、ジョイントプレート大取付けネジ(特皿M4)2本とジョイントプレート小取付けネジ(ナベM3)で固定してください。

 

ページの上へ

ヘッドレールの取り付け

ブラケット付けの場合

1)ヘッドレールをブラケットの仮止めフックに引っかけてください。

2)本体を奥にカチッと押し込んでください。

 
ページの上へ

ルーバーの取り付け

ランナーフックを片側に寄せてください。両開き仕様の場合は両側に寄せてください。

※左操作の場合は反対の関係になり、イラストの向きは逆になります。

〈例:両開き右操作〉
※コード&バトン式の場合のイラストです。


操作バトンを回してランナーフックをヘッドレールと直角の状態にしてください。

※ランナーフックが直角の状態でルーバーの取り付けを行わないとルーバーが正常に回転しない場合があります。



ルーバーの表裏を一定方向に揃え、ハンガー部をランナーフックに下から差し込んでください。

〈縫製仕様の場合〉 〈熱溶着仕様の場合〉
ページの上へ

ルーバーの取り外し

ルーバーを傾けてください。

下へ引いてルーバーを取り外してください。
ページの上へ

ヘッドレールの取り外し(ブラケット付けの場合)

ブラケットの解除ボタンを押しながらヘッドレールを手前に引いてください。

本体を仮止めフックから外してください。
 
ページの上へ

コードクリップの取り付け

コードやチェーンを束ねる部品です。子供の 手の届かない位置で束ねることにより事故を防止する効果があります。
材質: 樹脂成形品
カラー: ホワイト

○安全対策品をご使用になっても、事故が完全に回避されるわけではありません。
(コードやチェーンの)危険性を十分に認識した うえでご使用をお願いします。

ページの上へ