WORK STYLE 衣笠 明莉

自社製品に誇りを持つことができるからやりがいがある

自宅のリフォームから住環境に関わる仕事に興味を持つ

就職活動中に自宅のリフォームがあり、たくさんの住宅設備メーカーのショールームやインテリアを扱う販売店を見ているうちに住環境に携わる仕事に興味を持ちました。トーソーを知ったきっかけも近所のカーテン専門店でカーテンレールを選んでいる時でした。カーテンレールトップシェアであると同時に、ブラインドやロールスクリーン等住宅向けの窓廻り製品を幅広く扱っていることに魅力を感じ、入社を決めました。
現在は、窓廻り製品を扱う販売店、工事店、代理店に向けて製品の紹介をしています。何度も訪問し提案した製品を注文していただけた時や、他社扱いから当社扱いへ切り替えることが出来た時には大きな喜びや達成感を感じる事ができます。当社製品を売っていただけるよう、独自で作成したオリジナルのサンプルや販促物をお客様にお渡しし、日々の販売で困っていることの相談に乗ったことにより「担当が衣笠さんでよかった」「これからはトーソーを勧めるね」とお褒めの言葉をいただけた瞬間は「この仕事をしていてよかった!」と心から思えます。

ここには一人の人間として成長を実感できる環境がある

今後の目標としては、まずは営業として一人前になれるよう、様々なジャンルのお客様を担当し、経験を広げていくこと。今はお客様から製品の意見を聞き、市場を勉強している段階ですが、将来的には「こんな製品があったら喜んでもらえるのではないか」と営業経験を活かしたアイデアで製品の開発に携わりたいと考えています。
日本にカーテンレールを普及させたトーソーは、これまで多くの流行を作り出してきました。老舗メーカーとして昔からのトーソーファンも多く、特にカーテンレールに関することは多くのお客様から先ず当社に相談いただけることは最大の強みです。自社製品に誇りを持つことができるとともに、窓廻りインテリアの最先端で仕事ができるので、とても大きなやりがいがあります。勿論、その分責任も大きいですが、一人の人間として成長を実感できる環境があるのも魅力の1つです。社風もアットホームで若手社員の意見に耳を傾けてくれる上司や先輩が沢山いますので、やってみたいと思ったことに挑戦できます。トーソーに興味を持った方、トーソーで頑張りたいと思った方はぜひ志してみてください!

衣笠 明莉の1日のスケジュール
8:00出社後、試験の勉強
9:00メール、FAXチェック
9:30担当先を回って新製品を宣伝、問い合わせや見積もりを引き受ける
13:00担当先にて新製品の説明会を行う。新製品への意見ももらう
15:00店舗で展示の打ち合わせ
17:00帰社後、見積もりや問い合わせの対応をする
19:00業務を終え、帰宅