ロールスクリーン2019.12-2
263/266

スクリーン機能マーク一覧防炎防炎物品ラベル防炎物品マーク公益財団法人 日本防炎協会消防庁登録者番号AFE-⑬-0251登録確認機関名ウォッシャブルスクリーンを取外して、ご家庭の洗濯機で手軽に洗えるスクリーン。脱水後、アイロンをかけるときれいに仕上がります。防炎・防火対象物(消防法で指定されたもの)は防炎物品の使用が義務づけされておりますので、必ず防炎物品をご採用ください。ロールスクリーンは防炎表示者として消防庁に登録されているトーソーの防炎物品(防炎性能を有している品物)です。※浴室遮光のみ非防炎です。このマークはインテリアファブリックス産業活性化協議会の「グリーン購入法適合品」統一表示です。グリーン購入法適合品遮熱スクリーン/ルーバー/スラットなどに特殊な加工や素材を使用して遮熱効果を高めた商品です。グッドデザイン賞グッドデザイン賞を受賞した商品です。※生地が非ウォッシャブルの場合、はたきなどでホコリを払ってください。 水拭きや結露により、しみになる場合があるのでご注意ください。特殊表面処理により汚れをつきにくくしました。一度付いた汚れも落としやすく清潔です。防汚耐水性に優れ、外から透けにくい浴室向けスクリーン。スクリーンを取外して洗濯機で丸洗いできます。浴室広幅対応できるスクリーン。最大幅2,700mmまでの製作が可能です。※最大幅はスクリーンによ って異なります。広幅ァホルムアルデヒド対策品N19-2398インテリアフブリックス性能評価協議会の基準に基づいたFIF☆☆☆☆認定品です。SEK・制菌加工繊維上の菌の増殖を抑制する制菌加工を施しています。品質と安全性を保証するSEKマーク認定品です。SEKマークとは、(社)繊維評価技術協議会の基準をクリアした商品に許諾されるマークで制菌加工の品質と安全性を保証します。繊維上の菌の増殖を抑制し抗菌機能をもつ生地であることを示しています。抗菌1.スクリーンの昇降は、ゆっくり操作してください。2.昇降するスクリーンにまわりのものが接触しないようにご注意ください。3.風の強い日には、窓を閉めるか、窓を開ける場合はスクリーンを完全に巻き上げてください。4.可動部への注油は絶対に行わないでください。5.ロールスクリーン本体にぶらさがらないでください。注意 操作方法お願い平成9年12月から「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)が改正されましたので、新見本帳発行に伴い不用となった見本帳につきましても、産業廃棄物としての取扱いが必要となりました。従いまして、しかるべき資格を有する産業廃棄物処理業者に直接廃棄を委託していただきますようお願い申し上げます。当業界では、従来同様廃棄物の適切な処理をさらに推進していく所存です。貴社のご理解とご協力をお願い申し上げます。(一社)日本インテリアファブリックス協会トーソー株式会社当製品は厳密な品質管理のもとでお届けしておりますが、万一お買い上げ後3年以内に取扱説明書・本体注意ラベル・タグに従った正常な使用状態で故障した場合は無料で修理いたします。アフターサポート(スクリーン部は対象外)規定につきましては取扱説明書をご覧ください。※当社が指定する消耗部品の保証期間は1年となります。[安心の3年間保証]製品保証について取付けされる方へのお願い製品と一緒に入っている取扱説明書は、製品取付後に必ずお客様にお渡しください。1.取扱説明書をよくお読みになってから、製品を取付けてください。2.レール及びブラケット等の取付けにあたっては、取付け部の材質や構造に適したビスを使用し、確実に固定してください。(本体にセットされている取付ビスは木部専用品です。)3.落下の原因となりますのでブラケットの取付数量は必ずお守りください。4.製品は水平に取付けてください。5.ガラスの種類や設置環境によっては熱割れが生じる可能性があります。設置する窓のガラス熱割れ強度等を、設計事務所や工務店様へご確認ください。注意 取付方法1.色調・風合いなどにおいて、原材料に起因するばらつきが生じる場合があります。また、経時変化に伴い色の変化が生じる場合があります。2.天然素材を使用している製品の特性上、スクリーンのねじれや反りなどの現象が生じる場合があります。竹すだれシリーズについて日射しを遮り、まぶしさを防ぎます。サンルームや西日の強い部屋、寝室の窓に適しています。(直射日光は防ぎますが、構造上完全な遮光はできませんので、写真の現像、焼き付け等を行う暗室には向きません)遮光遮光1級遮光2級遮光3級人の表情はわかるが、事務作業には暗いレベル〈遮光率〉99.40%以上、99.80%未満人の顔あるいは表情がわかるレベル〈遮光率〉99.80%以上、99.99%未満人の顔の表情が識別できないレベル〈遮光率〉99.99%以上◆ NIF法(特許 第5437308号)暗室内の電照パネル上に遮光1級のカーテンなどの試験体をかざし、全体的な光の透過の見え方、光漏れの有無や多寡を目視で判定し、光を遮蔽する度合により区分します。※NIFは(一社)日本インテリアファブリックス協会の略称です。遮光1級の5段階分類NIF法(特許 第5437308号)表記目視度合(イメージ)状態説明遮光1級(A++)生地からほとんど光を感じません。遮光1級(A+)生地からわずかに光を感じます。遮光1級(A)生地から光を感じるが、生地の織り組織や色は分かりません。遮光1級(B)生地から光を感じ、生地の織り組織や色も分かります。遮光1級(C)生地全体は薄明るく見えるが、人の表情が識別できない暗さです。243

元のページ  ../index.html#263

このブックを見る