バーチカルブラインド2019.12-2
105/186

●光学特性算出条件JIS R3106「板ガラス類の透過率・反射率放射率・日射熱取得率の試験方法」及びJIS A5759「建築窓ガラス用フィルム」に準じ、分光光度計による測定値から算出。●日射熱取得率算出条件JIS A2103「窓及びドアの熱性能・日射熱取得率の計算」に準拠し一般複層ガラス窓と遮蔽物を組み合わせた際の夏期日射熱取得率を算出。一般複層ガラス窓は一般複層ガラス3+A6+3mmとアルミ樹脂複合サッシの構成。遮熱性能[夏] 日射熱取得率η:0.21 〈ジーア遮熱 TF-6139(ホワイト)の場合〉 ※η(イータ)の数値が小さいほど遮熱性能が高いです【ガラスだけの場合】【バーチカルブラインドを付けた場合】TF-6139の場合複層ガラス窓 η=0.64複層ガラス窓 + バーチカルブラインド η=0.21(TF-6139)  ※赤外線算出は波長領域:780~2100nm詳細はP.180をご確認ください。遮熱性能日射熱の64%が侵入100%日射熱36%がカット100%日射熱79%がカット日射熱の21%が侵入103推奨場所コルトエコ[遮熱]トリアスプレーンジーア遮熱ケスレーカイト▲P.106▲P.104▲P.108▲P.110▲P.112コントラクトユースホームユース遮熱効果の高い省エネ商品ですコルトエコ[遮熱]▲P.104トリアスプレーン▲P.106ジーア遮熱▲P.108対応ルーバールーバーに特殊な加工や素材を使用して遮熱効果を高めた製品です遮熱ルーバー省エネ・コントラクトホームユースだけでなく コントラクトユース にもおすすめ。

元のページ  ../index.html#105

このブックを見る