カーテンレール2021.07-2
198/596

ランナーレガートプリモ特長カーテンレールの溝に入れ、90度まわしてネジで固定します。マグネットランナーを吸着させる場合、プレートを外してください。■中間ストップの取付方法■マグネットランナーとの使用方法カーテンのたたみ代がコンパクトにまとまるカーテンストッパー(オプション)。生地や芯地の反発で閉まってしまうカーテンでも、いつもの操作でお好きな位置に止められます。※別途カーテンストッパーをお求めください。カーテンストッパーマルチブロックなら、カーテンレールのブラケットにウインドウトリートメントのブラケットを取付けできるので、壁に開ける穴も最小でOK。窓まわりのコーディネートの幅が広がります。中間ストップを取付ければ、1本のレールでカーテンを好みの位置に固定できます。連窓もレール1本できれいな納まり。カーテンフックを掛けても、マグネットランナーを使ってカーテンを開閉させることもできます。後入れなので取付けも簡単。マルチブロック対応機種ローマンシェードプリーツスクリーンアルミブラインド■マルチブロックの取付方法1. カーテンレールのレース側にマルチブロックを取付けます。2. ウインドウトリートメントのブラケットを下から付属のネジで固定します。小壁の小さい窓やハイサッシの場合、天井付ブラケットを使って天井にぴったり施工ができます。天井からカーテンを吊るすことで、天井を高くみせる効果があります。※キャップストップAの場合取付けはできません。カーテンとウインドウトリートメントを手軽にトータルコーディネートカーテンをお好みの位置で止めて、自由にスタイリング詳しくはP.540をご覧ください。カーテンストッパー(特許登録済)天井付ブラケットたたみ代をまとめて明るいお部屋に窓を大きく見せることができますBキャップ、Mキャップは先端の木部を外してプレーンキャップとしても使えます。片壁面やエアコンの設置スペースにも取付けが可能です。リング部分が自由に回転するので、カーテンのヒダがきれいに納まります。※取外しにはドライバーが必要です。木部が外れるB・Mキャップお部屋のコーナーにも設置が可能意匠利便性利便性中間ストップ利便性マルチブロック(特許登録済)利便性操作性 快適なカーテン操作 196

元のページ  ../index.html#198

このブックを見る