カーテンレール2021.07-2
437/596

許容荷重合計10㎏まで140cm以内吊り下げ物1コあたりの許容荷重3kgまで吊り下げ物1コあたりの許容荷重3kgまで本体バー天井ブラケット壁面ブラケット野縁+角材80㎜以上6075天井面仕上げ材木部へのねじ込み深さ17㎜以上ラインナップブラケット取付間隔と許容荷重※1セットあたりの許容荷重は10kgまでです。天井・壁や製品の破損・落下の恐れがありますので、10kgを超える荷重を掛けないでください。※吊り下げ物1個あたりの許容荷重は3kgまでです。※吊り下げ物は1ヶ所に集中しないよう均等に掛けてください。※Tジョイントを入れた場合も、1セットあたりの許容荷重10kgまでとなります。※ぶら下がったり、お子様が遊んだり、無理な力をかけるなどしないでください。※地震などの揺れで落下の恐れがあるものは掛けないでください。■使用上の注意※ブラケットは、補強された木下地がある位置に取付けてください。※木下地は、厚さ12mm以上の構造用合板や、幅80mm以上(壁面は幅35mm以上)の角材が必要です。また、木下地は構造体(野縁・梁・柱・間柱等)へ固定してください。※ブラケットは1,400mm以内の間隔で取付けてください。※石膏ボード2枚貼りなどで木部へのねじ込み深さが足りない場合は、別途取付ネジをご用意ください。※本製品は室内用です。屋外や浴室への取付けはできません。※施工前に、取付けする下地に十分な強度があることを確認してください。■施工上の注意取付け可能な下地取付けできない下地天井付正面付・壁面付合板下地角材下地軽量鉄骨(シングルバー、ダブルバー、角スタッド)天井面仕上げ材野縁構造用合板木材や金具などで野縁に固定12㎜以上壁面仕上げ材柱・間柱12㎜以上木材や金具などで柱・間柱・横胴縁に固定構造用合板壁面仕上げ材柱・間柱+角材35㎜以上木部へのねじ込み深さ17㎜以上天井面仕上げ材シングルバー(シングル野縁)スタッド壁面仕上げ材天井付Cタイプ正面付Cタイプ天井付Lタイプ壁面付IタイプW900、1,400mmH150、250、450mmW1,780、2,780mmH150、250、450mmW900、1,400mmH150、250、450mmW1,780、2,780mmH150、250、450mmW900、1,400mmD150、250mmW1,780、2,780mmD150、250mmW900、1,400mm(天伏図)(天伏図)(天伏図)※角材下地の場合はブラケットが中心にくるように施工してください。※Tジョイントを使用し、製品幅が140cmを超える場合の許容荷重も10kgまでです。※Tジョイントを使用する場合のブラケット取付間隔は最大139cmです。435ハンギングバーNEWハンギングバーH-1

元のページ  ../index.html#437

このブックを見る