カーテンレール2021.07-2
570/596

窓からできる省エネの話部屋の中で大きな面積をしめる窓。家の壁には断熱材がありますが、窓はガラスのみで外気が直接あたる場所です。省エネアイテムを上手く活用することにより暖房熱を逃がさない、冷気を入れない節電対策がしっかり行えます。スキマをなくして空気の出入りをカット。カーテンをサイドまで覆うことで、暖気を逃がさない、冷気を入れない効果があります。カーテンサイドから熱が逃げたり、また、すきま風の侵入も抑えます。さらに光漏れも軽減できて一石二鳥の優れものです。キャップ一体型リターン金具リターンマグネットMキャップRキャップ(特許登録済)サイド部分にまでカーテンがくるようにリターン部分をつくります。リターン縫製で、暖房効果がアップします。※リターン部分はピンフックを使用しています。リターン縫製のカーテンにリターンマグネットを併用することにより、光漏れを抑え、意匠性もアップします。デザイン性のあるMキャップなら、見た目もきれいにカーテンをサイドまで覆えます。リターン縫製やリターン金具を用いることなく簡単にカーテンをサイドまで覆うキャップです。カーテンの裾までぴったりリターン。省エネ効果約5%アップ!省エネ効果約5%アップ!省エネ効果約5%アップ!省エネ効果約5%アップ!窓全体を覆うことで、暖房効果がぐんとアップ!窓の省エネ対策は暖気を逃がさない、冷気を入れないが基本です。カーテンをサイドまで覆いましょう。1▶P.336ネクスティ▶P.350エリート▶P.364ニューデラック▶P.370ウィンピア▶P.376C型▶P.398スイート▶P.400メディカライト LINK ▶P.156 レガートグラン▶P.174レガートスクエア▶P.190レガートプリモ▶P.206レガート▶P.336ネクスティ▶P.350エリート LINK 〈Mキャップ対応レール〉▶P.280リターンマグネット▶P.280リターンマグネットⅡ LINK ▶P.174レガートスクエア▶P.190レガートプリモ ▶P.206レガート▶P.148フィットアーキ LINK 568

元のページ  ../index.html#570

このブックを見る