TOP > ニュースリリース 2012 >CO2排出量を"見える化"するカーボンフットプリント 認定製品を「エコプロダクツ2012」に出品

ニュースリリース

企業情報
CO2排出量を"見える化"するカーボンフットプリント
認定製品を「エコプロダクツ2012」に出品

 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー株式会社(本社:東京都中央区/社長:大槻保人)は、12月13日(木)〜15日(土)に東京ビックサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2012」の「JEMAI/GPN 環境情報コミュニケーションゾーン(出展者名:産業環境管理協会/グリーン購入ネットワーク)」内にカーボンフットプリント認定製品を出品いたします。

 カーボンフットプリントとは、製品の原材料調達から生産、流通、使用、廃棄・リサイクルに至るライフサイクル過程で排出されるCO2の量を数値化(見える化)したものです。この「CO2排出量の見える化」により、事業者はCO2排出量の多い過程を把握して効率的な削減に取り組むことが可能となり、消費者は環境負荷の少ない商品を選択する目安として活用することができます。当社は2011年12月に「カーボンフットプリントのシステム認証(システム認証番号:SC-AAC11-01)」取得企業となり、自社内で算出可能な品目の認証が可能となりました。現在、店頭用カーテンレールセット「E202」、「リフティ」、「リフティライト」、「アジャスタ404N」の4製品がカーボンフットプリント認定製品となっております。

 当社はカーボンフットプリント認定製品を順次拡大し、同制度の普及促進を通じた環境負荷の低減を目指していきます。




<エコプロダクツ2012 開催概要 http://eco-pro.com/eco2012/
あらゆる分野のエコプロダクツ、サービスの展示や環境教育の場としての活用など企業や行政、生活者など様々な方々がエコライフ・低炭素ライフスタイルを考えることを目的とした日本最大級の環境展示会。
会 期: 2012年12月13日(木)〜15日(土) 10:00〜18:00 ※最終日は17:00まで
会 場: 東京ビックサイト 東展示ホール 1〜6
主 催: 社団法人 産業環境管理協会、日本経済新聞社
入場料: 無料(登録制)
来場者数: 181,487名(2011年実績)


ニュースリリース トップヘへ

PAGE TOP

  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2010