特長製品紹介取り付け寸法図価格表エリートトップへカーテンレール一覧
特長
カバートップU
光漏れを防ぎ、省エネ効果を高める



※完全遮光の効果は
ありません

・ カーテンレール上部にカバートップを取付けることで、レール上部からの空気の流失を防ぎ、省エネ効果を高めます。取付け済みのエリートに後付けできるため、リフォームでもご使用いただけます。

・ ブラケットに固定クリップを取付け、カバートップをレールの上に載せるだけで、簡単に取付けできるようになりました。

・ カバートップとカバートップキャップの形状をリニューアル。両サイドや壁際からの細かな光漏れを防ぎます。

・ リターンカーテンと組み合わせることでサイドからの光漏れを抑え、より効果を発揮します。

・ カバートップのカラーはホワイト、ライト、ミディアム、ダークの4色をご用意しております。

ページの上へ

キャップストップM

リターン仕様で、光漏れを抑えるデザインです。エアコンや壁面があり、キャップ取付けスペースが無い場合、キャップを正面から挿入することができます。

※レールと壁面の間に9mm程度の隙間が必要になります。



キャップストップMの取付方法
キャップストップMをレールに横から取付けてください。

※キャップストップMには左右がありますのでご注意ください。




〈キャップストップMを横から取付ける隙間がない場合〉

①キャップストップM本体から金具を抜き取って外してください。

②金具をレールに入れてください。

③キャップストップM本体を 正面から挿入してください。


ページの上へ

キャップ一体型リターン金具
簡単にリターンがとめられる
キャップに取付けると、簡単にリターンがとめられる金具です。壁に穴をあける必要がなく、カーテンボックス内のリターンにも最適です。

※リターン部分はヒダを取らずに縫製します。 レース側レールのキャップから壁までの寸法を考えて、 ミミの大きさを決めてください。

※リターン部分はピンフックを使用しています。

ページの上へ

リターンマグネット
リターンカーテンにはリターンマグネットでさらに光漏れ抑制
リターンマグネット
    リターンマグネットU
リターンマグネット(860円/コ)
リターンマグネットII(1,620円/コ)
  リターンマグネットを取付けることで、カーテンを壁面にピッタリ収めることができます。リターンカーテンの意匠性・遮蔽性が向上します。
(別途リターンマグネットをお求めください)
ページの上へ

マルチブロック (特許登録済)
カーテンとウインドウトリートメントを一緒に取付け
マルチブロックなら、ブラケットに直接ウインドウトリートメントを取付けできるので、壁に開ける穴も最小でOK。窓まわりのコーディネートの幅が広がります。
 
マルチブロック対応機種
ローマンシェード
プリーツスクリーン
インテリアブラインド(アルミ)

マルチブロックの取付方法
 
  1. カーテンレールのレース側にマルチブロックを取付けます。
 
  1. ウインドウトリートメントのブラケットを下から付属のネジで固定します。
ページの上へ

中間ストップ
カーテンを好みの位置で止めて、自由にスタイリング
中間ストップを取付ければ、1本のレールでカーテンを好みの位置に固定できます。連窓もレール1本できれいな納まり。スタイリングカーテンも手軽にできます。後入れなので施工も簡単。

ページの上へ

カーテンストッパー (特許登録済)
窓の開口部を広く確保して、明るいお部屋に
窓の開口部を広く確保できる部品「カーテンストッパー」(PAT.P)で、生地や芯地の反発で閉まってしまうカーテンでも、いつもの操作でお好きな位置にとめられます。
カーテンストッパーなし カーテンストッパーあり

カーテンストッパー
カーテンストッパーの取付方法
ページの上へ

レール形状
 
Bフックも可能
デザイン性を追求したシンプル設計
溝幅が狭いので見上げた時も溝が目立ちにくいレール形状です。 また、ブラケットが正面から見えないので、きれいな納まりです。
 
エリートなら吊り元もすっきり
縦長レール形状で、カーテンをかけた際も吊り元の曲がる角度が少なくてすむので、すっきりとした窓辺を演出できます。

  次ページへ(1/2)
ページの上へ