TOP > IR情報 > 株主・個人投資家の皆様へ> セグメント別概況

IR情報
株主・個人投資家の皆様へ
TOSOをより深く知っていただくために、分かりやすくご説明いたします。

セグメント別概況

  • TOSOはどんな会社?
  • 事業環境とTOSOの強みは?
  • 今後の成長戦略は?

室内装飾関連事業

当期の営業概況

 室内装飾関連事業の業績に影響の大きい住宅市場は、日銀のマイナス金利政策や相続税対策の影響もあり、新設住宅着工戸数が緩やかな回復傾向で推移しましたが、個人消費は力強さを欠いており、取り巻く経営環境は依然として厳しい状況が続いております。
 こうした市場環境のなか、当社グループは近時のインテリアトレンドを取り込んだ新製品の投入やスクリーン類のリニューアル、展示会やイベントの開催など積極的な営業活動を展開し、その結果、売上高は前期を上回りました。製品面では、天然木の素材感を活かした「レガートグラン」などの装飾カーテンレールのラ インナップを強化したほか、発売50周年を迎えた機能性カーテンレール「エリート」や「ネ クスティ」に最新の建材カラートレンドを反映したカラー追加などをおこないました。ブライ ンド類では、ロールスクリーンとバーチカルブラインドに新しいスクリーンシリーズを追加したほか、光を自在に調節できる調光ロールスクリーン「ビジック」に国内で初めてとなるプリ ント柄を発売するなどの新製品発売をおこないました。
 セグメント利益は、売上高の増加に加え、原価低減や販売関連費用の効率的な執行により費用抑制に努めた結果、大幅な増益となりました。

その他の事業

当期の営業概況

 ステッキを中心とした介護関連用品の販売活 動を強化し、新製品のプロモーションや新規開 拓活動および不採算品の見直しを推進した結果、売上高は前年同期を若干下回りましたが、セグメント利益は前年同期を大幅に上回りました。

知りたいコンテンツをクリックして下さい

  • トップメッセージ
  • 特集
  • TOSOはどんな会社?
  • 事業環境とTOSOの強みは?
  • 今後の成長戦略は?
  • セグメント別概況
  • TOPICS
  • 株主になるメリットは?

株主・個人投資家の皆様へTOPへ戻る

  • TOPメッセージ
  • 株主・個人投資家の皆様へ
  • 決算ハイライト
  • IR資料室
  • IRイベント
  • 株主還元
  • 株主メモ
  • 株価情報
  • 環境への取り組み
  • 電子公告
IR情報TOPへ戻る